×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第37話


 戦闘の巻き添えで川に落ちたあきらちゃんを探す一同。
慌てているのかディスクアニマルは放ちません。
むしろ別行動の朱鬼さんが川岸で気絶しているあきらちゃんを発見。

シュキさんはあきらちゃんを介抱して助けてあげています。
意識を取り戻したあきらちゃんに、何故鬼になろうとしているのか聞いているシュキさん。
鬼になろうとする女性が少ないので気になるようです。
確かにあの変身解除は女性にはキツイ物があります。

両親を化け物に殺害された事を打ち明けるあきらちゃんに
シュキさんは自分も同じだと話します。
そして憎しみを持つようにと言う朱鬼さん。
シュキさんが同じ境遇な上に、自分の意見に初めて賛成してくれる人だったので
あきらちゃんは相当懐いてしまったようです。
ところでシュキさん、何処に着替えを隠していたのでしょう。


 捜索チームと自力で合流するあきらちゃん。
多分携帯とか水没で駄目にしてしまったのでしょう。
あきらちゃんに朱鬼さんには近付かないようにと言うザンキさん。
あきらちゃんの精神状態を知っているので、朱鬼さんと同調しそうだと感じたのかも知れません。
それにしてもあきらちゃん、夜間に街灯も無いエリアを良く動けます。


 シュキさんはノツゴの居所を探らせようと、その辺に生えている割に値札のついていそうな花を摘んで
火の鳥に変えて飛ばします。

そこに怪人達が登場。どうも探索しようとすると向こうから来てしまうブームです。
怪人達に襲われた所で怪人ソックリの男女も登場。
怪人ソックリの男女は怪人の動きを止め、シュキさんをスカウトしだします。
怪人達は男女がシュキさんをスカウトする予定なのを知らないのでしょう。
あまり細かい打ち合わせはしていないようです。

男女に拠ればシュキさんは心に闇があるので、鬼よりも「こちら側に属する」のだそうです。
しかし人員整理だと言って謎の人物とか始末したのに
新たに人を勧誘するの言うのはどうなのでしょう。
整理された人達は多分面白くないと思います。

シュキさんが誘いを断ると、男女は怪人達の動きを再開させます。
怪人達の攻撃を交わしながら、足元に炎の渦を呼び出して姿を消すシュキさん。
空中から武器を取り出したり、テレポートしたりで何でもアリです。
男性の怪人はシュキさんの芸がツボにはまったらしくカッコいいとか叫びながら
残された炎に触って熱がったりしています。

あと女性の怪人に怒られて踏まれたりして何か目覚めたようです。
目を覚ますきっかけが少々問題を含んでいるような気がしなくも無いですが
多分今晩はお赤飯です。


 たちばなの猛士部屋ではイブキが鬼祓いの命令を受けた事を皆に話しています。
あきらちゃんに席を外してもらって、朱鬼さんを倒す話をします。
ザンキさんを殺しかけたり鬼を襲ったりトドロキの音錠を奪ったりが理由のようです。
法律的に見ると傷害と強盗程度なので、どう頑張っても懲役8年とかな気がしますが
猛士ルールだと死刑みたいです。

ちなみにザンキさんが殺されかけたのはノツゴ退治の時にノツゴに食われかけたところを
朱鬼さんが斬鬼さんもろとも攻撃してきたからだそうです。
ちなみに当時ザンキさんは斬鬼の名前で呼ばれていたようです。
前回医者に言われていた胸の傷もこの時こしらえた物のようで、
その後一線で活躍して弟子まで取っているあたり
ザンキさんの怪我の影響度が結構謎です。


 編入生と一緒に下校している明日夢少年。
ガールフレンドはどこかに避難している模様です。
「鬼である事は鬼であってはいけない」というヒビキの言葉を
明日夢少年が鬼にならないように言った言葉だと断言する編入生。
明日夢少年、いくら聞かれたからと言っても普通に猛士関連の話を編入生にしない方が良いです。
と言うか一緒に帰るの嫌そうなのですが、断る理由とか用意しないのでしょうか。

そして自分はヒビキに弟子入りして鬼になると言い出す編入生。
進路については友達より先に親とか先生とかに話した方がいいです。
あのお母さんはあんまり反対しなさそうだと思います。

しかし自分の運動能力とか考えない楽天的な姿勢は
リスクも大きいのですが明日夢少年の場合は見習った方が良いでしょう。


 ヒビキに相談をしているあきらちゃん。
憎しみを忘れないようにと言うシュキさんの言葉と、
それと真逆のイブキとザンキさんの言葉に迷っているそうです。

ヒビキは誰もが一度はぶつかる壁だと言っていますが、
何となくトドロキだけはぶつかっていないような気がします。
此処まで頑張ってきたのだから自分で答えを見つけられる、
とあきらちゃんを励ますヒビキ。
そこにイブキがヒビキに話をしにやって来ました。

イブキは朱鬼さんの討伐のサポーターをヒビキに頼みたいそうです。
しかしどうも討伐への迷いが見え隠れするイブキに、ヒビキは自分で答えを出すようにと言います。
最近イブキチームが外部に助けを求めがちなので少し厳しくするようです。


 河原のキャンプでザンキさんに朱鬼さんが若すぎるのがおかしいと話すトドロキ。

ザンキさんに拠れば、朱鬼さんは呪術的な力で若さを保っているとかで
実年齢はトドロキのおばあさんより上だそうです。
生け花教室+年金で生活が豊かそうです。

ところで引退した鬼と、変身道具を無くしている鬼と、まだ変身できない鬼見習のメンバーで
何をどうするつもりなのでしょうか。

そこにディスク鷹が帰還、ザンキさんの手の中に飛び込みます。
後ろで鷹を回収しようと手を出してたトドロキが気まずそうです。
再生装置で鷹のデータを聞き取ったザンキさんは
1人で車を出して何処かへ行ってしまいます。
ところで同じデータを横で聞いていたトドロキは何が起こっているのか分からない様子なのですが
何をしに来たのですか。


 ザンキさんが車を止めると、そこにはシュキさんがいます。
鬼祓いの命令が出た事をシュキさんに教えるザンキさん。
命令を取り下げられるかも知れないと、音錠の返還を求めるザンキさんですが
ノツゴをどうしても倒したいと言うシュキさんは聞き入れてくれません。
あと、鬼祓いの命を受けたのが威吹鬼なのも敗因な気がします。
全然脅しになりません。

ザンキさんとシュキさんが押し問答になっている所にあきらちゃんが徒歩で登場。
近道でもしたのでしょう。
シュキさんに弟子入りを志願するあきらちゃん。
鬼祓いの話とか聞かせなかったのが裏目に出たようです。
あと、弦と笛で師弟になれるのかよく分かりません。
しかしシュキさんはあきらちゃんの頼みを快諾。

ザンキさんと別れてすぐにあきらちゃんに炎の鳥を使役する技を見せるシュキさん。
あきらちゃんは目を丸くして驚いていますが、シュキさんに拠れば昔の鬼は皆出来ていたみたいです。
後で教えてやると言うシュキさんですが、ザンキさんとか多分その技全然習得していないので怪しいです。

ちなみにザンキさんは一応シュキさん達をチェックしているようで、
あきらちゃんが自分で答えを見つけられるかも知れないと思って
敢えて好きにさせているようです。

シュキさん達の前にイブキが登場。
そしてあきらちゃんがシュキさんに同行しているのにも驚いていません。
かなり情報がリアルタイムに伝わっているのですが、ザンキさんあたりが連絡を入れているのでしょうか。

あきらちゃんにこちらに戻るように言うイブキですが、あきらちゃんは拒否。
そんな中ノツゴも登場。
イブキとシュキさんが変身してひとまずノツゴ退治に。

朱鬼さんは烈風でノツゴに鬼石を撃ち込む威吹鬼を払いのけ、自分がノツゴを倒すと主張。
威吹鬼は朱鬼さんに邪魔にされた挙句、ノツゴの尻尾の針攻撃のあおりも食らって
その辺に転がってしまいます。

あきらちゃんが益々朱鬼さんに傾倒しそうです。

朱鬼さんに促されて逃げるあきらちゃんですが、ノツゴに捕まって食べられそうになります。
ザンキさんは慌てて車に戻り音枷と烈斬を取り出します。
多分トドロキが変身道具無くしているので代わりに持って来たのでしょうが、
トドロキを置いてっているのでザンキさんが変身。

斬鬼さんは、あきらちゃんごとノツゴを討とうとする朱鬼さんを退かした後にノツゴに向かってジャンプし
烈斬であきらちゃんを捕らえている糸を断ちます。
あきらちゃんを放したノツゴに朱鬼さんが音撃を始めますが、今度は朱鬼さんがノツゴに捕らえられてしまいます。
自分ごとノツゴを討つように斬鬼さんに指示を出す朱鬼さん。
しかし斬鬼さんはノツゴの足を斬りつけたりして朱鬼さんを助けようとします。
見かねた朱鬼さんはノツゴの口元で自分ごと音撃。

朱鬼さん、武器をせめて体の横に持っていければノーダメージなのですが
見た目は若くても体は硬くなっているのでしょう。

ノツゴはダメージを食らってひっくり返ってしまいます。
そこに斬鬼さんが雷電斬震を出してノツゴを退治。

ところで朱鬼さんの音撃は斬鬼さんや自分自身にもダメージを与えられる特殊仕様なのでしょうか。
他の皆さんのは五月蝿いだけで別に人が死んだりはしないです。
トドロキが鬼神覚声を習得したらもしかしますが。


 倒れてしまったシュキさんの元に話し掛けに行くザンキさん。
ちなみにイブキチームは多分撤収です。
トドロキもお留守番続行です。
ザンキさんはシュキさんが以前自分ごとノツゴを攻撃した時、急所を外れていてノツゴを仕留め損ねたとして
その意図を聞いています。
シュキさんは手元が狂ったと言って誤魔化しています。

そして死に顔を見られたくないと言うシュキさんの話を聞いて無言で頷き、
その辺に生えている割に値札のついていそうな虫の付いていなさそうな花を大量に摘んできて
シュキさんに被せていきます。
シュキさん、ザンキさんに生け花とか教えましたか。
どちらかと言うと火の鳥を作るのとか教えて欲しかったです。

シュキさんは亡くなられたらしく、手とか急にシワシワになります。
皺になるのは水分やら細胞やらが減るからだと思いますが
死んだからと言ってこれらが瞬時に消えるとは考えにくいです。

もしかしたら本当は年相応の肉体で、
若く見えるのは相手に幻覚を見せているとか
立体映像とか、竪琴を出す要領で皺を埋めているとかそんな感じでしょうか。

となるともう少し若い外見になろうと思えばなれたと言う事でしょうか。


 今回終始置いてけぼりだったトドロキですが、多分次回より死体がはめた音錠で変身します。
そして雨の中公園のベンチで傘もささずに座って泣いているあきらちゃんが
風邪をひかないか心配な感じで次回に続きます。