×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第26話


 芝生の上でクッションを並べ、ドラムに見立てて叩く練習をしている明日夢少年。
なかなかの腕前になっており、祭りで一緒に太鼓を叩かないかとヒビキが誘う程です。
そしてヒビキは月に一度のお楽しみに行くと言って明日夢少年に時間を聞きます。
十分前とか言われて慌てて走り出すヒビキ。
左手にバンドみたいなのがついていますがそれ腕時計とは違うのですか。


 クッションを持って開店前のたちばなに入っていく明日夢少年。
入り口にはかき氷の販売開始のポスターが貼ってありますが、
店内の天井付近に扇風機がある所を見ると
店内も暑くてかなりオーダーが入りそうです。

明日夢少年がバックヤードに入ろうとしたところで電話が入ります。
声だけでイブキからだと分かった明日夢少年に喜ぶイブキ。
普通電話だと声が違う人が多いのですが、ここの関係者は何故か地声で電話してくる人が多いので助かります。
イブキからの電話は、香須実さんが自分と一緒に出ている為たちばなは日菜佳さんと明日夢少年の2人だけになるから頑張れと言う事と、1人助っ人が行くかも知れないと言う連絡でした。

イブキが明日夢少年へ電話しているのに気付いて、
「わざわざそんな事で電話をしちゃって。」と笑いながらイブキの隣に座る香須実さん。
香須実さん、そのスカートで足組むの危ないです。
イブキは明日夢少年を弟分のように感じているそうで、
その話を聞いて香須実さんも明日夢少年をイブキの下の弟という感じだと同意。

弟扱いされたイブキは一瞬不満そうでしたが、香須実さんにお中元のお返しを見に行こうと
腕を組まれるとすぐに機嫌を直しました。
どうやらイブキ、香須実さんに上手くあしらわれていますが、
本人が幸せそうなので良いのでしょう。


 店の奥から出てくる日菜佳さん。
テーブルの上にあげていた椅子を下ろしながら、先程の電話がオヤッサンからではなかったのが意外そうでした。
どうやらオヤッサンは吉野に行っているようです。
日菜佳さんは明日夢少年にヒビキとの太鼓の練習の具合を聞き、
「じゃこのまま鍛え続けて、清めの音を打ち鳴らす所まで行っちゃうっつうのは?」
と聞いてきます。
ヘタレ要員を募集しているようです。


 バケガニを退治しに川に来ている轟鬼。
どうやら黒い謎の人物も暑い中元気でやっているようで何よりです。
橋から飛び降りてカニの甲羅に烈雷を突き刺す轟鬼ですが、怪人に邪魔をされて
背中から落とされてしまいます。
2体の怪人相手にボコられかける轟鬼ですが、ジャンプして飛び掛ってきた1体をパンチで迎撃して倒し、もう1体も飛び蹴りで倒します。
その間カニは多分背中に烈雷刺したまま待機。
轟鬼はカニの背に戻って無事音撃を叩き込みました。

ところでカニが出て来たと言う事はまたアミキリでも作るのでしょうか。
それともメニューに困ったらカニ作りでしょうか黒い謎の人物。


 古びたお堂の戸を倒して中に入っていく白い謎の人物。
普通戸を見たらスライドさせるか取っ手を探して奥か手前に引っ張ると思うのですが
何の迷いも無く戸に触れて倒した白い謎の人物、
黒い方は洋館住まいですが、白い方の住まいは生体認証または手でボタンを押す自動ドアがついたハイテクハウスかも知れません。

そして建物の中で杖から床に液体を流し込み、怪人を生み出す白い謎の人物。
女の怪人が男の怪人の腕とか舐めてますがショッパくないですか。


 たちばなの入り口のガラスを拭いている明日夢少年。
洗剤の泡をふき取ると、外であきらちゃんが待っている事に気付きます。
慌てて戸を開けてあきらちゃんを店の中に入れる明日夢少年。
入り口はお客さんが来る前に拭いた方がいいと教えてあげるあきらちゃんですが、
開店時間=お客さんが来る時間
ではないのでしょうこの店。

そしてガラス拭きをしながら、あきらちゃんの活躍の話を聞いたと雑談をを始める明日夢少年。
お客さんは多分しばらく来ないのでしょう。
ちなみにあきらちゃんはスイカ持参。
スーパーの特売だったとの事ですが、気を使いすぎです。
あとイブキが言っていた「助っ人」はあきらちゃんだったようです。
明日夢少年が妙に嬉しそうな反応を見せるのですが、単に人手が増えて喜んでいるのか
そうでないかでガールフレンドの心労度合いが変わって来そうです。

お盆を運んでいると包丁を持ったみどりさんとぶつかりそうになる明日夢少年。
包丁を握るフォームが心臓を刺す時のそれなので引く明日夢少年。
単にスイカを切ろうとして包丁を取りに来ただけの様ですが、
みどりさんは転びやすい体質なので本人も危険に晒されているような気がします。

そんな中トドロキから電話が入ります。
何か気になる事があるようです。
電話に出たのは明日夢少年なのですが、知識量から言ってみどりさんかあきらちゃんに代わってもらった方が良いような気がします。

そして客が来ないのでフロアで喋っている女性陣。
そこにヒビキが荷物を持って帰ってきます。
「月に一度のお楽しみ」がスーパーの特売だったようなのですが、
その荷物の中に本日の目玉のスイカがあって一同のテンションが下がります。

電話を終えて奥から出てくる明日夢少年。
トドロキからの連絡をヒビキに伝えると途端に慌しくなるたちばなの店内。
夏の化け物が出たそうでヒビキは日菜佳さんと現場に向かってしまいます。
切り火でヒビキ達を送り出す明日夢少年。

ところでオヤッサンも吉野に行っており、明日夢少年とあきらちゃんとみどりさんが
たちばなに残っている訳ですが、作るのが難しい物が注文されたらどうなるのでしょうか。
何となくあきらちゃんが頼りな気がします。


 ハイキングをしている感じの一般の女性2人組。
2人は東屋のベンチで昼寝をし始めます。
日焼けとか虫刺されとか置き引きとかナンパとか色々心配な状況ですが
意表を付いて怪人達に目をつけられたようです。

お堂の中で植物で拘束されている2人組。
バケネコが建物に入ってきます。
ところでこの日は雨が降ったり止んだりしているようで、
やはり東屋での昼寝は判断ミスだったと思います。


 たちばなのバックヤードで休みながら、みどりさんやあきらちゃんに
トドロキからの電話で分からなかった部分の意味を聞いている明日夢少年。

客は来ていないようです。

みどりさんの説明に拠れば、黒い姿の者から作られる大きい魔化魍と
白い姿の者から作られる小さな魔化魍があり、小さな魔化魍は夏になると出てくるのだそうです。
小さいタイプは分裂して数が増えるので一度に倒すのが大変なのだそうで、
紅に変身して一度に倒せる響鬼が夏の魔化魍を担当するのだそうです。
そして来客があったようで話を中断する一同。

それにしても客がいちいち声を掛けないと店員が出てこない店って少々危険な気がします。


 イブキは香須実さんを後ろに乗せてバイクで帰っている途中のようです。
香須実さん、そのスカートでバイクに乗るのは危ないです。周囲が本当に。
イブキは走行中に怪しい気配を感じ取って周囲を窺い始めます。
すると怪人ソックリの男女が歩いているためバイクを急停止。
香須実さんが慣性の法則でイブキにぶつかってしまっています。

イブキは香須実さんに謝罪をしながらバイクから降り、男女の追跡を開始します。
男女は道の角を曲がるごとにワープしているらしく、全く追いつけません。
マップ名「迷いの森」な感じですので
一回目は追い出されるのが定石です。
ディスクアニマルを起動させて男女を追わせようとしますが、
アニマル達はすぐに溶かされた姿で見つかりました。

ところでイブキ、通常マップに戻れるのでしょうか。


 お堂では怪人達の前でバケネコは沢山ある尻尾の一本を引き抜いています。
全然痛くなさそうですが良い子は真似をしないで下さい。
引き抜かれた尻尾は新しいバケネコになります。

ところで一般に猫は長く生きると猫又になると言い
今回のバケネコのように尻尾が増える訳ですが、
ジャパニーズボブテイルなどの尻尾が有るんだか無いんだかな猫が長生きした場合
少々見栄えが悪い猫又になる予感がします。


 トドロキと合流するヒビキ。
トドロキの話ではバケガニを倒しにこの場所に来たら
神隠しが始まっているという話を聞いて
条件的に夏の化け物が出ていると思われる為ヒビキを呼んだのだそうです。

話の端々にいちいち「ザンキさんが」とか「ザンキさんも」とか入れているトドロキに
ちょっと注意するヒビキ。
確かにこれでは全然独り立ちしていない感じです。
日菜佳さんは
「トドロキ君はザンキさんが大好きだから仕方ないんですよ。」
と謎フォロー。
多分オヤッサン仕込です。

「日菜佳も公認か。」と追い討ちを掛けトドロキを黙らせるヒビキ。
いいコンビネーションです。


 たちばなに現れる前回の茶パツ少年。
どうやら日菜佳さんを尋ねてきたようです。
日菜佳さんは出ているがみどりさんは居ると聞いた茶パツ少年は
挨拶をしに店の奥に入って行きます。
あとあきらちゃんは茶パツ少年とは面識が無いかも知れません。

ちなみに茶パツ少年も土産のような紙袋を持参しており
スイカでないか心配です。


 林で虫取りをしている一般の少年達。
そこに怪人達が登場し少年達を捕らえようとします。
ディスク鷲が怪人に襲いかかり、少年達はその隙に
駆けつけてきたヒビキとトドロキの方に走っていきます。
腰を抜かしたりとかしないあたり、なかなか見所のある少年達です。

怪人達の方に向かい「夏の奴だな。」と話し掛けるヒビキ。
後ろにいた女の怪人を見てバケネコだと判断。
どうやら女の方で種族を識別しているようです。
何か分かる気がします。

そしてその辺に潜んでいたバケネコ2体がヒビキに襲い掛かります。
そう言えばバケネコは最初から結構育っているのですが、
怪人達が餌を取って来てやる必要はあるのでしょうか。
世相を反映していませんかこんな所で。

ヒビキはバケネコの攻撃をかわしながら変身。
俊敏な上に2体で攻撃してくるバケネコに
さらに紅に変身する響鬼。

ところでトドロキ、怪人倒しをそろそろ手伝いましょう。