×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天装戦隊ゴセイジャー 第42話感想




 敵基地では白い幹部が女性ロボ幹部を叱っていました。
怪人をゴセイジャー側に忍び込ませたのに
データを収集していなかったそうです。

爆弾の使い方についてはお咎め無しです。

そして白い幹部は
ゴセイジャーのデータを収集する完璧な作戦があるとして
女性ロボ幹部達に指示を出しています。


データ収集はゴセイジャーを倒す準備の一つだと思いますし
登場以前から情報収集を始めていたと思いますが
他にやる事は無いですか。
手段が目的化しつつある今日この頃です。



 研究所では皆がお茶をしている横で
ブルーとデータスが何かの作業をしています。

2人は敵組織の研究をしているそうです。
イエローも休憩を終え、ブラックと一緒にトレーニングに行くとして
カップを下げるためお盆に乗せていると
データスがブルーのカップを持って「これもお願いしますです」と便乗。

しかしデータスはカップを落として割ってしまいます。

ブルーは慌ててティッシュでデータスの脚部を拭き、
機械なのだから余計な事はしなくていいと注意。

するとイエローはブルーがデータスを機械扱いしたとして抗議します。

ところでデータスがまだ飲み物の入っているカップを
勝手に下げようとした事については
誰も注意しませんか。



 そして敵の反応が出たため出動するゴセイジャー。
一般のビルとかが爆破され、
戦闘員に追われた市民が逃げ惑っています。

ゴセイジャー達が戦闘員を倒すと
女性ロボ幹部と青い幹部が登場し
高いビルに向けたミサイルを見せびらかします。

ブルーは標的のビルに
世界各国の首脳が集まっていると言って焦ります。

既に近くのビルが爆破されていますし、
首脳とかも警戒して避難してそうな物です。

敵はミサイルのスイッチと引き換えにデータスを寄越すよう脅してきます。
今回はタブレットでの操作ではないようです。

ここのところ活躍がイマイチですがデータスの存在は
ちゃんと敵に把握されていたようで良かったです。


ゴセイジャー達はデータスの引渡しを渋りますが
そこにデータスが登場し、
ゴセイジャー達に人命を優先するように言って
敵の方へ向かって行きます。


データスは青い幹部に電気みたいなのを食らわされてシャットダウン。
この時点でセーブデータが吹っ飛びそうですが
敵は完璧な作戦だとか言っていましたので大丈夫なのでしょう。

そして青い幹部はボタンを押してからミサイルのスイッチを渡してきます。
ゴセイジャー達はとりあえずミサイルを止める方を優先します。

ミサイルはゴセイジャーの攻撃で普通に爆発。
前回の半径300メートルを廃墟にする爆弾は積まれていなかったようです。

破壊できないダイエットメーターとか
強力な爆弾とか
良さげな技術を使い捨てにするのはどうかと思います。



 データスは敵基地で目をさましていますが
通信回路は切断されたそうで、ゴセイジャー達と連絡が取れません。

ゴセイジャー側もデータスを探そうとしていますが
テンソウダーを使っても分からないそうで、
ブルーは敵の発生させるプラズマを手掛りに
データスの居場所を探そうとしています。

チビッコは宇宙の99%がプラズマだと指摘していますが
ブルーは他に方法が無いと言って作業をしています。
他のゴセイジャー達もデータスを探しに出かけます。


一方、敵基地では白い幹部がデータスの研究が終了したとして
女性ロボ幹部に適当に処分するよう指示。
ゴミ処理券とか付けて出せば良いのでしょうか。



 ブルーは徹夜でプラズマ反応を探し、強力な反応のある場所を探し当てます。
一方レッドは悲鳴を聞き取って敵の出現を察知。
ブルー以外は敵の出現ポイントに向かいます。

レッド達の方は今週の怪人が暴れている場所に到着します。
怪人はデータスに似た形で、
本人曰く、データスから得た護星科学とデータを投入して作られた
最新型マトロイドだそうで、
本物のデータスは今頃女性ロボ幹部の手で海に投棄されているとの事です。

「いくら内部プログラムが優秀でも
 あの旧式素材じゃ水に濡れた途端あっという間にデスですね。」

と言っている怪人。
「適当」に処分の「適当」ってそっちの意味ですか。

怪人の発言を聞いて
イエローはブルーによるデータスの機械扱いが
差別ではなく取り扱い上の注意だった事に気付きます。

水没が駄目なら埃とかも良くないかも知れません。
戦闘に出して大丈夫だったのでしょうか。



 そのデータスですが、
縛られて崖の上に立たされ、
女性ロボ幹部に剣を突きつけられていました。

「哀れな坊や。人類の命なんてくだらない物と引き換えにされるなんて。
 所詮仲間など自身を破滅へ導くだけの存在。」
とか言いながら攻撃しようとする女性ロボ幹部。

喋っている時間とか無駄じゃないでしょうか。
あとデータスは素材が旧式と言われたり
坊や呼ばわりされたりですが
結局新しいのですか古いのですか。


そこにブルーが登場し、敵の攻撃を阻止し
データスを縛っていた鎖を外します。

女性ロボ幹部はブルーに機械を捨て駒にしたと抗議をしながら攻撃。
しかしデータスがブルーを助ける為に体当たりしてきたり、
ブルーがデータスを庇って敵の攻撃を食らったりして
仲間意識を見せ付けてきます。

そしてブルーとデータスは女性ロボ幹部の攻撃を食らって
仲良く崖から海に落ちてしまいます。


思ったのですが、
データスにこっそり半径300メートル廃墟にする爆弾をつけて返却すれば
良かったのではないでしょうか。



 レッド達は今週の怪人に大苦戦しています。
手の内を知られているため、
攻撃がかわされてしまい
反対に小型ミサイルを撃ち込まれてしまうようです。

そこにブルーがプレッシャワーカードの水で敵を押し流しながら登場。
後ろにデータスが付いてきていますが、
容赦なく水の天装術使います。

ちなみにデータスはブルーが引き上げて
海岸でサクッと半田付けして直したみたいです。

乾かしてから修理しなくても何とかなるみたいです。


ゴセイジャー達はスーパーゴセイジャーに変身し
データスも交えてポーズを取ります。
敵はゴセイジャー達に向けて小型ミサイルを飛ばし、大爆発が起こりますが
ゴセイジャー達は上空へジャンプし、敵へ攻撃を開始。

何故か皆さんの言動や使う技が普段と一致しないと思ったら
ブルーが天装術で皆を別のメンバーの姿に変えていたようです。
そう言う訳で敵に攻撃を当てて弱らせ、バズーカで爆発させます。

女性ロボ幹部はデータスの再起動に驚きながら
怪人を巨大化させています。

ちなみにデータスのデータをコピーしている怪人ですが
データスハイパーのような変形はせず、
デザインがそのままです。


ゴセイジャー側は
ゴセイアルティメットとゴセイグランドとデータスハイパーを出し、
まずはデータスハイパーが敵と取っ組み合いになります。

敵はミサイル攻撃もしてきますが
データスはそれに耐え、怪人を拘束して皆に攻撃を促します。
そしてデータスもデータスダイナミッククラッシュとかいう
カードみたいなのをぶつける技を出し、
ゴセイアルティメットもヘッダーを飛ばして敵にぶつけて爆発させます。

ゴセイジャー達の仲間意識が勝利を呼んだようです。
データスのデータが実は役に立ってないとか
そう言う事は一切ありません。



 研究所ではゴセイジャー達がデータスが戻ったのに喜んでマッタリしています。
そしてイエローはブルーに対し謝罪。
ブルーも自分の言い方が悪かったとしてイエローをフォローしています。

その横で、データスが敵基地の事を思い出せないとして落胆していました。
ブルーの考えでは水没時にデータが飛んだようです。

他のデータが無事なのが凄いです。

謝罪するデータスに
ブルーはデータスの無事が最大の収穫だと言っています。
皆もデータスの周囲に集まって、データスが大切な仲間だと言ってじゃれ出し、
その拍子にまたコップが落ちて飲み物がデータスにかかっています。


データスは旧式素材と敵に指摘されたので
改良するか新機種を投入した方が良いような気がしながら
次回に続きます。