×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天装戦隊ゴセイジャー 第15話感想




 敵の首領は主力メンバーが敗退したのを気にしているようで
何か体を光らせたりしています。

そこを通りかかった青い幹部が首領を見て
「ドレイク様、そのお姿は」と質問。

首領は自分たちの組織が最強だと知らしめる時が来たとか言い出し、
青い幹部もそれに同調していますが
人数増やしてからにしませんか。



 研究所ではチビッコとレッドが看板を作っています。
チビッコの友達のサッカーの試合を応援するのだそうです。

「望は応援するだけ?試合に出れば良いじゃん。」と
残酷な発言をするイエローですに
チビッコは「分かってないなあ、サポーターは12番目のプレーヤーって言われてるんだから。」
と大人の回答。

男性陣は「応援も戦力のうち」と納得しています。

友達に見せてくると言って
出来た看板を持って外出するチビッコ。

ついさっきまで色を塗っていた看板ですが
インク乾いてますか。


その横で博士は望遠鏡を見て「おかしいな」と呟いています。
昼間ですが星が見えており、人工衛星のようにゆっくり動く発光体が見えています。
まずこの時間帯に望遠鏡を覗くのがおかしいです。



 外でサッカーの練習をしていた子供たちや、
通行人の皆さんが突然息苦しがり、
建物が崩れて上空に敵の首領の顔がドアップで映されたりしています。

首領は人間達に向かって
24時間以内にこの星の全ての命を一掃すると宣言。

今日本語で話していますが、
他の国の人達向けに外国語での宣言もするのでしょうか。

何か大変そうですので、黙って悪さするべきです。


ゴセイジャー達は敵の場所をデータスに調べさせて出動。
首領はどこかのビルの屋上におり、
他のビルとかが崩壊する様子を普通に見物していました。

首領、その場所危ないんじゃないですか。

ゴセイジャー達は首領を攻撃しますが、
惑星弾という技で返り討ちに遭い
ビルの屋上から下に落下します。

首領はゴセイジャー達に地球が滅び行く様を見させるためとして
トドメを刺すのは後にするみたいです。
視聴者側は今迄そんな事言って失敗した人達を何人も見ているのですが
敵は知る由も無いので仕方ありません。



 研究所に戻り、傷の手当てをしているゴセイジャー達。
続いてチビッコも看板を持って戻ってきます。

望遠鏡を見ていた博士は
巨大なUFOが来ていると皆に注意を呼びかけますが、
ブルーがネットのニュースに
酸素元素が急激に減少しているとの記事があるのを見つけ
皆に知らせたため、UFOの件は無視されました。

尚、今回の敵の作戦は
酸素元素を消しているため、空気以外の物も無くなるのがポイントなようです。

チビッコは敵の能力にショックを受けたようで
ゴセイジャー達が敵わないかもしれないと言って凹みだします。

レッドは「今やれる事、やるべき事をやる。今俺達が頑張れば明日は必ず来る。」
と言ってチビッコを励まします。

今しがた負けて帰ってきたばかりのレッドの言葉を聞いて
チビッコは今やれる事について考えています。

その後、チビッコは外に出て友達をグラウンドに引きずり出し、
サッカーの練習をするよう促していました。
今やるべき事がそれなんだそうです。

チビッコは現在の状況によって
ただで高山トレーニングが出来ると考えたのでしょうか。
前向き過ぎです。



 そしてゴセイジャーは敵が現われたのでまた出動。
行った先ではまた首領が一人ぼっちで突っ立っています。

戦闘員ぐらい連れてきたらどうですか。

首領は順調に惑星弾とか出してゴセイジャーを転がしますが
レッドあたりが立ち上がって命を皆の未来を守るとか主張しながら再度攻撃。

他も皆もレッドを守りに戦闘に参加。
バズーカを跳ね返されても
めげずに攻撃を続行します。

レッドの攻撃が一回当たると、
首領は笑って「それしきでわしの作戦の妨げになると思うか」と言って
巨大化用の虫を食べて巨大化。

虫を生で塩もかけずに食べるとか
首領は体を張りすぎです。

首領が青い幹部に合図を送ったあたりで
研究所で望遠鏡を覗いている博士もUFOが落ちてきますとか言っています。

首領が集めて敵基地の母艦に蓄えた酸素を惑星爆弾にして地球に叩き付けるのだそうです。
敵の作戦の内容を聞いて、地球が燃え尽きると心配しているゴセイジャー達。

首領と青い幹部の安全も確保できているか微妙な感じです。



 ゴセイグレートとデータスハイパーを出すゴセイジャー達。
データスハイパーに敵基地を止めるよう指示を出し、
ミスティックブラザーを召還してデータスに合体させるレッド。

ミスティックデータスハイパーは
頭の上にダチョウの足部分が付き、それがプロペラとなってヘリコプターのように飛べるみたいです。

ダチョウの癖に飛行ツールです。


そしてゴセイグレートは首領と戦いますが
追加武装無しで戦い始めたため、転がされたりしています。
手足のヘッダーを敵に向かって飛ばしたりしますが
首領の羽部分から出たビームに飲み込まれてしまいます。

またデータスの方も攻撃が敵基地に通じず、敵基地にビームみたいなのを出されて落下し
普通の巨大データスになってしまいます。

ゴセイジャー達のピンチに
ヘッダー達ご一行様が登場し
首領に体当たり。
それにより首領の装備がかなり外れてしまったようです。

その隙にハイパーゴセイグレート完成。

ビームで首領を攻撃した先に敵基地も丁度来ていたので
まとめて爆発させました。
酸素が惑星爆弾でどうのこうの言っていましたが
かなり地表近くで爆発させました。



 ゴセイジャー達は各種族のカードを使用し
一般市民の記憶を一斉に消してしまったようです。
消えた建物とかが復活したかとかは不明ですが
ゴセイジャー達はもう誰も苦しむ事は無いとか、
自分達が守りきったとか言って喜んでいますので
何とかなったのでしょう。

そしてチビッコの友達は
特訓したみたいにサッカーが上手くなっていると不思議がっていました。
練習した記憶も消えてしまったようです。

敵絡みの記憶以外も消えていると言う事で
その時間帯にテレビやラジオでCMを打った企業様は
ご愁傷様でした。