×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天装戦隊ゴセイジャー 第5話感想



 研究所でデータスを介してマスターヘッドからの情報を受け取っているゴセイジャー達。
ゴセイヘッダーが他にもまだ地球にある事を知り喜ぶ一同。

チビッコが「そう言う物なの?」と発言すると
レッドは物ではなく生き物だと説明します。

言葉尻捕らえていちいちうるさいです。

イエローは新しい仲間をどうすれば呼び出せるのかマスターヘッドに聞きますが
通信が途切れてしまい分からずじまいになりました。

チビッコに構わず通信を続けていれば情報をもっと得られました。


ブルーは自分達が頑張っていれば
ゴセイヘッダーは来てくれるはずだと
レッド達並の楽天的な見通しを立てます。


そしてブルーはチビッコに学校はどうしたと質問。
どうやら平日だったようです。

チビッコによれば天才風邪という新種の病気で学級閉鎖なのだそうです。

天才風邪は子供しかかからず、感染すると頭が良くなるそうです。
チビッコは今日のテストも延期になったといい
ゲームしまくると宣言。

目の前に大きなゲーム機みたいなのが倒れていますが無視です。

あと、テストが近い上に、他の生徒が天才になりつつある中
ゲームして過ごせる精神力が恐ろしいです。



 ゴセイジャー達は特訓と買出しをするそうで
ジャンケンに負けたブルーとブラックが買出しを担当。

ピンクの書いた買い物メモはかなりアバウトらしく
シチューの材料としか書いていないようで
ブラックは適当に人参とか買い物かごに突っ込んでいきます。

材料の見当をつけられるのは偉いですが
よく考えたらブラックやイエローはテントで野外生活とかしますから
割と自炊できるのかも知れません。


しかしブルーはブラックに短絡的に選ぶなと注意。
少しでも体や環境に優しい物を選ぶのだそうで
スーパーを何件も回って食材を吟味。

動きまわった分、二人のCO2の排出が増えそうです。
あと、有機栽培とかフェアトレードとか謳っていると
財布に優しくなくなりがちなので注意したいです。



 ブラックとブルーが買い物に対する考え方で衝突しそうになっていると
女性の悲鳴が聞こえてきたため、ブルーは荷物をブラックに預けて出動。

橋の下みたいな場所で、宇宙人が女性を攻撃していましたが
どうやら女性の方が宇宙人に対してストーカー行為を働いていたみたいです。

そこにブルーが変身済で登場し、
宇宙人の弱点を口だと見破って攻撃しますが
宇宙人は口の前にガードを出してきます。

宇宙人が尚も女性を攻撃しようとしますが
そこにブラックが割って入り敵を攻撃。

荷物をどこに預けたか気になります。

宇宙人はたった2人を相手に転がったりして逃走。
そしてブルーは女性の前に行って変身解除し
事情を聞こうとします。


聞いた後で記憶を消しに行きそうで怖いです。



 研究所ではデータスがテレビニュースの画面をモニタに映して皆に見せます。
報道では積極的に子供を天才風邪に感染させる親とかが紹介されています。

ところでデータスってB-CASカードとか刺さってたり
受信料払ったりとかするのでしょうか。

イエローは子供をわざと病気にする親に怒っている様子です。

そしてチビッコは学校で急にテストをする事になったそうで
急に登校しています。

チビッコは風邪じゃないから良いですが
病気の子の保護者は学校を相手取って訴訟起こしそうです。



 ブルー達は先程助けた女性に連れられて
大学のウイルス研究所に来ています。

何か危険な物が仕舞ってありそうな施設ですが
得体の知れないゴセイジャーを入れてOKとは
管理が杜撰です。


女性に連れられて入った部屋では
子供がベッドに寝かされていました。

寝かされている子供がベルトで固定されているのを見て
ブラックは女性を非難しようとしますが
ブルーがそれを制止し、
子供が天才風邪に感染しているのか女性に聞きます。

寝かされている子供は女性の息子だそうで
急に目や口の中が緑に光って戦闘員に変身。

女性に拠ると変身するのが天才風邪ウイルスの本当の症状だそうで
頭が良くなるのと引き換えに、放っておくとああなるそうです。

放っておきましたか。



 チビッコのクラスではテストが始まると同時に
マスクして咳込んでいた子供らが戦闘員に変身。

ブルーから風邪が敵の仕業だと連絡を受けたレッド達が
教室までやってきますが
既に戦闘員らが暴れまわっている状態でした。

病気の子供を登校させた学校の判断はおかしいですが
各家庭で戦闘員が暴れるよりは良かったかもしれません。


そしてウイルス研究所でも子供が変身し
鎮静剤も効かなくなったと女性が嘆いています。

女性の話では、特効薬を作る方法は解明できたが
材料に宇宙人の体液を使うそうで
宇宙人をようやく見つけたのに結局逃げてしまったと悔やんでいます。

宇宙人の体液の組成とかどうやって見当を付けたのか気になります。


「宇宙人が地球人を笑っていた」という女性の話を聞いたブラックは
宇宙人に対して怒って出動。
そして大学の門を出てすぐ
暴れている戦闘員達を見て止に入ります。

しかし止めろと言っても戦闘員達は聞く耳持ちませんので
どうして良いか分かりません。

そんな中、街頭モニタに
女性が特効薬の完成を発表している様子が
映し出されます。

ブラックは女性が敵の標的になると心配し
ブルーと連絡を取ろうとしますが
通信がつながらず焦ります。

ブラックは慌てて大学に戻りますが
ちょうど女性が宇宙人に攻撃していました。

しかし女性は一回ダウンしながらも
ゴセイブラスターで反撃しながら立ち上がり
「そっちこそ油断したでしょ」と言っています。

ブルーが天装術で女性に化けていたようです。

芝居とは言え、ブルーが女言葉を使ったという事ですか。


ブルーとブラックは変身し戦闘に入ります。
宇宙人の頭の傷が治っていると気にするブルーですが
ブラックが「もう一度俺がやってやる」と斧で殴りに行きます。
しかしうまく攻撃が当たらず、近距離から反撃され武器を落として転がってしまいます。

今度はブルーが敵に攻撃しながら接近し斧を回収。
ブルーは斧が重いのに驚いています。

しかしブラックがフラフラしているので
ブルーが斧での攻撃を決意。

自分のボウガンを放り上げて
敵に接近して斧を振り回したところで
落ちてきたボウガンに持ち替え、
斧でつけた傷を攻撃。

そして宇宙人の汁がついた矢をブラックに渡し
ブラックが女性に「先生、後はお願いします。」と矢を託します。

ブラックの態度が妙に丁寧で怖いです。


宇宙人の方は駆けつけてきたレッド達が不意打ち食らわせたりして
のたうちまわってます。

戦闘員になった子供達は
天装術で箱みたいなのに押し込めてきたので
大丈夫なのだそうです。

事故とかで満員列車で缶詰になると
気分が悪くなる乗客が結構いますが
ただでさえ風邪の子供らは平気なのでしょうか。


イエローが「さっさとアイツやっつけよ!」と発言すると
皆は名乗り+ポーズ開始。

さっさとしてあげて下さい。

皆さんは宇宙人の傷を狙って総攻撃の上バズーカ発射。
宇宙人はシェーをしながら爆発し巨大化します。
宇宙人何歳ですか。


ゴセイジャーはゴセイグレートを出して剣で相手を叩きますが
傷が治っているのか攻撃が効かなくなっています。

敵は剣を奪って反撃開始。

ところでウイルスを使った攻撃とかは無いのでしょうか。

宇宙人はトドメと言って剣を振り下ろしてきますが
ブルーがゴセイグレートの腕部分を動かし白刃取りをさせます。

そしてブルーが宇宙人に対して怒ってみせると
ブルーの前に新しいゴセイヘッドのカードが出現。
早速カードを使うと魚系のヘッドが3体ぐらい飛んできて敵を爆撃。

さらにゴセイグレートと合体してシーイックゴセイグレートになります。
敵の装甲よりシーイックゴセイグレートの攻撃の方が強いそうですぐに圧勝。
しかしアナライズ能力はともかく
攻撃手段が普通に殴る感じなのが
あんまり慎重さを感じられません。



 ちゃんと特効薬が出来たようで
女性の子供も外で元気に遊んでいます。

女性も特許とかで多分ウハウハです。

皆がブルーの活躍を褒めると
ブルーもブラックを持ち上げ出します。

「お前こそ、ただ細かいだけの奴かと思ってたら意外と大胆な事もするんだな。ちょっと見直したぜ。」
とブラック。

ブルーは自分の理論に従っただけだとして
それよりブラックの斧の刃が0.2ミリ歪んでいたと指摘。

すると皆はまたブルーが細かいと言って呆れてどっか行きます。


特効薬も出来た事ですし
ウイルスは保管しておいてテストの日だけ感染してくとか
いろいろ便利な使い道がありそうな気がしながら
次回に続きます。