×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


仮面ライダー電王 第44話




 怪人達と一緒に戦わないと言い出し、願いを言えば出て行ける事を確認する良太郎。
しかしモモタロスは願いを絶対に聞かないと言い、1人で戦えると思っているのかと良太郎に指摘。

怪人達は今迄結構頼み事聞いていますが、
本人達がわざとノーカウントにしていたという事でしょう。

良太郎は1人で戦うと主張し続けます。
怪人達は自分達が消える事を承知の上で戦いたいと言っていますが
自分で自分を消す戦いをさせたくないようです。

リュウタロスは良太郎と一緒に戦うのが好きだし、消えるのは別に怖くないので
自分はいいよねと確認しに行きますが
良くなかったみたいです。

ていうかモモタロスとリュウタロスの考え方の
どの辺に違いがあるのか良く分かりません。

あと、良太郎は自分の戦闘能力については言及を避けています。
いざとなったらハナちゃんあたりに助けてもらう気でしょうか。
ゼロノス当てにしてたらちょっと人でなしです。



 良太郎に対し怒って暴れそうなモモタロスですが
キンタロスとウラタロスに連行されてターミナルに降りました。
ウラタロスあたりはモモタロスをなだめようとしていますが
アルマジロ怪人を過去に置いて来ているしと落ち着きません。

ちなみに他の一般っぽい人達は怪人が居ても全然気にしてないようです。

もっとも、現在の世界でもデネブあたりは普通に溶け込んでますから
ターミナル使うような人達には面白くも何とも無いのでしょう。

ウラタロスはリュウタロスにも何処を見たいかと言って気を遣っていますが
一人で遊ぶとどっか行きました。

迷子の呼び出しとかに注意を払いたいです。


怪人の残り3名は待合室に入ります。
椅子が置いてあるだけの部屋に見えましたが、突然橋の上のような景色になったりと
客が退屈しない為の仕掛けがあるようです。

その仕掛けに労力を使うより
電車の本数を減らして待ち時間を短くするとか
出来ないのでしょうか。

モモタロスは仕掛けを面白がる事が出来ず、
待合室から出て階段に座り込みに行きました。

駅の階段に座るのは通行の邪魔なのでお勧めできません
て言うか脇を通る際にそいつの頭を蹴る想像をせずには居られないぐらいアレなんですが
あまり使われていない場所なようですのでギリギリセーフでしょう。


食堂車にはハナちゃんとナオミちゃんと桜井君とデネブが残っており、
ハナちゃんが良太郎がこれから本当に1人で戦うつもりかと心配しています。
桜井君は良太郎達の問題だとしていますが
電王が弱まるとゼロノスに負担が行くので
本当なら気が気じゃない所でしょう。


ハナちゃんはナオミちゃんに怪人達が消えた場合のコメントを聞こうとして止め、
代わりにミルクディッパーに行きます。

店では愛理さんが桜井君用のコーヒーの研究をしていました。
閉店後っぽいのに入り口が開いているのですが良いのでしょうか。

カウンター席に着くハナちゃんを見て、
電気をつけようとする愛理さんですが
様子がおかしい事に気付き、照明を落としたままで
お姉さんと喧嘩でもしたのかと優しく聞きます。

同一人物なので喧嘩しようも無いのですが
もし実現したら星1つぐらい消し飛びそうです。




 桜井君達もターミナルで時間を潰しているようで
デネブあたりは駅長グッズとか買いあさっていました。

その辺のベンチで凹んでいるリュウタロスを見かけた桜井君は
その後ろのベンチに座りカウンセリングを開始。

自分が良太郎に嫌われたと思い落ち込んでいたリュウタロスですが
桜井君はその逆だから良太郎もどうして良いのか分からないのだろうと説明してやります。

ところでリュウタロス、愛理さんの似顔絵を持参していますが
服の中に仕舞ってゴワゴワしませんか。


一方ハナちゃんは愛理さんにカウンセリングしてもらっています。
「自分でも分かんなくて、大嫌いだし居なくなるのはちょっとって思うけど
 でもその方が良い筈なのに、今のまま変わって欲しくない。
 変ですよね、本当にだいっ嫌いなのに。」
と話すハナちゃん。

「あのねえ、コハナちゃんはもうその人達が大好きなんだと思うなあ。」
「変わって欲しくないと思う位、その人達との今が大切になってるのよね。だから辛いわね。」
とハナちゃんの心情を分析した上で同情する愛理さん。

桜井さんと愛理さんはどうもカウンセリング得意っぽいです。
似た者夫婦予備軍です。



 ターミナルにアルマジロ怪人が来ている事に気付くキンタロスとウラタロス。
そんな中、キンタロスはウラタロスに戦いを止める気は無いと話し掛けます。
キンタロスの仕草を真似して泣けるねと答えるウラタロス。

マッタリと決意表明している暇があったら
一般市民を避難させるとかして欲しいです。

幸いアルマジロ怪人の最初の攻撃は一般市民に当たらず、
キンタロスとウラタロスの登場は間に合ったようです。

ターミナル内に警報が鳴り、一般市民は一斉に逃げ出します。
そこに戻ってくる良太郎ですが、何故かモモタロスが途中で待ち構えていました。

良太郎1人じゃ怪人一匹倒せないと指摘するモモタロスに
やってみなくては分からないと変身する良太郎。

モモタロスに一撃を食らわせられたら出動していいみたいな流れになります。


その間にもキンタロスとウラタロスは相手が固い為に劣勢に。
そこにリュウタロスが狙撃で援護。
桜井君のフォローですっかり立ち直ったようです。

一方電王プラットフォームはモモタロスの剣を借りて攻撃を試みますが
その度に転がされています。

避けられるだけでなくて転がるのもセットです。
空振りとかで終わらないあたりに個性が光ります。


電王プラットフォームから剣を取り上げ、
「クソ、粘りやがって。二度と1人で戦うなんて言うな、いいな。」と
ボチボチ終了にしたそうなモモタロス。

しかし電王プラットフォームは転がりながらもまだ嫌だと言っています。

良太郎は怪人達が消えるかも知れないとして
本当は戦いを止めたいが
この時間を守ろうと思っている事に迷いは無いとの事で
困っているようです。

泣きながら自分の考えを話す良太郎に
迷う必要は無いとコメント。
「ちょっとでも守りたいと思うとしたら今って奴だ。」とそれらしい事を言ったと思ったら

「つうか、お前運悪いからな、消えるとか言う前に
 腐った饅頭でも食ってよ、ポックリかも知れねえ。
 そしたら俺達も道連れだ。」

とオチを付けないと気がすまないようです。

あと、飲食店の人が腐った食品で死んだら
店の存続に関わりませんか。


結局2人は和解してモモタロスの意向も通ったようで
ウラタロス達の加勢に出動。


3人がかりで転がされているウラタロス達。
砂状態でもないのにちょっと劣勢すぎな気もします。

しかも駆けつけたモモタロスと良太郎のダブルキックで
アルマジロ怪人が転がるあたり、
相手の強さが良く分かりません。

あと、モモタロスにザリガニ野郎と言われて
否定しているアルマジロ怪人ですが
アルマジロである事を主張するコダワリがどこから来るのか不明です。
そんなにアルマジロである事を気に入っているのでしょうか。


電王は次々とフォームチェンジしながら
全員の出番を確保しつつ敵を攻撃。

やる気の無い状態のライナーフォームより余程上手く戦えるようで
ガンフォームに至っては命中率まで上がっています。

急に劣勢になった事に疑問を持つアルマジロ怪人。
電王はクライマックスフォームフォームとなり、
モモタロス部分が戦いはノリの良い方が勝つと答えを出します。
そして「俺達の必殺技クライマックスバージョン」で
アルマジロ怪人を斬って終了。


ターミナルから出て行くデンライナーを見て
桜井君も問題解決を喜んでいるようです。

しかしデネブお土産物フォームを見て
「これ恥かしいから止めろ。」と怒り出します。
今迄後ろを見なかったのでしょうか。

しかしデネブは桜井君にも駅長Tシャツを着せようとしてたりで
嫌がられていました。

ところで桜井君の無駄遣いは止めるデネブですが
自分のは無駄遣いでないという認識でしょうか。


デンライナーの食堂車ではご馳走が運ばれてきて
怪人達が浮かれています。
しかしハナちゃんの手作りと聞いて固まったりしていました。
怪人達の為に作った訳ではないと憎まれ口を叩いてみせるハナちゃん。
モモタロスもそれに反発してみせたりします。

ナオミちゃんは強いて言えばオーナーの残念会
と位置付けています。

チャーハン対決に負けたのかと怪人らが囁いているのを聞きつけ
オーナーはそれを否定。
怪人騒ぎで延期になったのだそうです。

用意したチャーハンがどうなったのか気になります。

「これからですよ良太郎君、本当の戦いはこれからです。」
と二通りの意味に聞こえるセリフを吐いて食堂車から出るオーナー。

建前が完全に崩れていますが、
残念会は続行し、残ったメンバーで乾杯。

本当に残念会で乾杯したら全員乗車拒否な気もします。

そしてハナちゃんの手料理を美味しいと言って食べる怪人達。
ナオミちゃんの変なコーヒーを美味しがる連中ですので
評価されたらされたで微妙な気もします。


一方笑顔マンはゼロノスゼロフォームがが
桜井さんより電王ライナーフォームを助けた理由を気にしていましたが
良太郎の記憶が抜けている事を思い出して
それを関連付けた様子です。

いちいち考えを近くの怪人に話して聞かせてますが
笑顔マン自身少し物を忘れる事があるので
代わりに覚えてもらう必要があるのでしょう。



今後桜井君が野宿とかしてて
寒くなった時に駅長シャツを重ね着するかどうかで
凄い葛藤する気がしながら次回に続きます。