×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


仮面ライダー電王 第35話




 自転車を押しながら夕焼けっぽい下を移動している良太郎。
前回消えた紳士風の男性の事をまだ気にしているようです。
そこに何故か桜井君が登場し、良太郎にこの先も戦っていけるのかと質問。

桜井君、良太郎を見張りすぎです。
せめて店で待ち構えるとかしてください。

桜井君は自分が変身できないので、この先も電王だけだと念を押しています。

良太郎は自分がやらなければいけないと感じているようで、もっと強くなると宣言。
そう言った傍から自転車に乗って楽に帰ってしまいました。



 しかし修行は始めたようで、キンタロス良太郎は滝に打たれています。
もっとも、良太郎は修行内容に疑問を持ったようで
キンタロスに本当に戦いの練習になるのか質問。

何とキンタロス良太郎は滝に打たれながら寝てい[READ MORE...]るようで答えが返ってきません。
しかも水に便乗して大きな流木が落ちてきていました。

ハナちゃんがサッカーボールをキンタロス良太郎に蹴り付けて起こし、
目を覚ましたキンタロス良太郎が流木を払い除けて事無きを得ましたが
飯でも行こうかと暢気に言っているキンタロスに再度ボールが蹴り付けられました。

ところで、ハナちゃんはボール持参ですか。

ハナちゃんはキンタロス良太郎と帰りながら、良太郎に何かあったらどうするのか、
ちゃんと戦いに役立つような事を良太郎に教えるようにと注意しています。

それよりも子供状態のハナちゃんを、しかも歩きにくそうな格好で
山みたいな場所まで連れて行く方がまずい気がします。

あと、蹴ったボールは回収できませんでしたか。


キンタロス良太郎はハナちゃんの注意を了解しながらも
何故良太郎が強くなろうとしているのか分からないような事を言います。

ちなみにモモタロスやウラタロスに教わろうとした所、
モモタロスの方はチンピラ集団の倒し方を教えようとして
ハナちゃんに「喧嘩教えてるんじゃないの!」とハリセンで倒されて終了。

ウラタロスは冷静な心と釣りを徹底的に楽しむ事が必要だとして
何故か生け花教室みたいな所で、他の生徒さん達をナンパしだし
ハナちゃんに網で捕縛されて回収。


ハナちゃんは怪人達を止める為のツールを持ち歩いているようです。
苦労が絶えず気の毒です。



 ゼロライナーで食事をしている桜井君。
そこにデネブが茶を持って現れ、新しい路線に乗り入れるのは無理だと報告します。
本当にゼロライナーのいた時間と関係あるのかと疑問に思うデネブ。

ハナちゃんが子供になった事で路線と消えた未来が関係する可能性があるとし、
デネブに何が起きているのか分からないかと聞く桜井君。

デネブは時間については何も知らず、
怪人を止めなくてはいけない事しか分からないそうです。

桜井君は良太郎1人で怪人を止められるかどうか分からないとし
カードは無いがフォローすると言ってます。

しかし怪人の話よりも
デネブが食事のつくねの中に椎茸を入れた事の方が問題だったのか
桜井君は怒ってデネブに飛び掛りますが、
今回はデネブがこれを避けてしまった為、桜井君は床に激突してダウン。

デネブは桜井君を心配して人を呼んでいますが
一旦電車を止めて適当な病院に運んだ方が早いでしょう。
ただ保険証を持っているかどうかが気になります。



 キンタロス良太郎は今度は見覚えのある空手道場に来ております。
主のような人を前に、良太郎に戦い方の説明をし、
相手が大きいがこけおどしみたいな物だとコメントして
相手を十分怒らせてから良太郎から離れます。

キンタロスは相手が知り合いだから大丈夫だとしていますが
怪獣に詳しそうな人に取り付いて道場破りした相手なので
ハナちゃんは良太郎とは初対面だと気付きます。

学校の道場の方へ行くべきだったかも知れません。
あそこの学生さんでしたら頼まなくても相手をしてくれますし
いざとなったらハナちゃんだけで倒せますので安心です。


良太郎は道場の主に投げ飛ばされて即気絶。
デンライナーでハナちゃんに正座させられていたモモタロスは
キンタロスを批難して立ち上がりますが、足が痺れてこちらも倒れてしまいました。

それにしても食堂車の通路を怪人が正座で塞いで
一般のお客さんから文句出ませんか。


キンタロスが良太郎に憑依し、ハナちゃんを背負って逃走。
道場の窓から主や生徒さんらがキンタロス良太郎に待つように脅していますが
走って追いかけた方が良くないですか。

あと、窓のガラスはちゃんと入っていました。



 ゼロライナーをハタキで掃除しまくっているデネブ。
桜井君はまだ伸びていて、椅子のクッションを枕にしていましたが
デネブがそれを椅子に戻してしまいます。

そんな中急停車するゼロライナー。
そして何と桜井さんが乗り込んできました。
ゼロライナーは桜井さんの命令を優先して動いているのでしょうか。

そして追加分のゼロノスのカードを桜井君の前に置く桜井さん。

それにしても、デネブがハタキ持って頭に三角巾を付けているのを見ても
ノーリアクションです桜井さん。
未来の桜井さんはデネブを良く知っている状態なのでしょうか。


デネブは桜井君が変身する必要性を認めながらも
独りぼっちになって辛い思いをさせるとして嫌がり、
契約は絶対に果たすと言ってカードを桜井さんを押し付け、ゼロライナーから押し出します。

電車が走ったままかどうかは不明です。

あと、湿っぽい雰囲気のまま掃除の続きが出来るか心配です。



 安全圏まで逃げ切ったキンタロス良太郎。
良太郎に怪我をさせた事でハナちゃんに怒られますが、
良太郎の声が聞こえ、自分が頼んだ事だとキンタロスをフォローし、
まだ修行を続ける意志を見せます。

キンタロス良太郎は良太郎が目茶目茶強いとして、何故頑張るのか分からないと言い出します。

自分を憑依させた事や、
強くなかったらモモタロス達も付いて来ないと指摘するキンタロス。

その頃のモモタロス達は足が痺れている所をナオミちゃんやリュウタロスに突付かれて
かなり弱っている状況なので、いきなり説得力が無いですが
キンタロスも良太郎もその状況を知らないので大丈夫です。

良太郎はキンタロスの言葉にお礼を言いながらも、
もっと強くならないと駄目だと思っている事を話します。

桜井君が犠牲を払って戦っているのを見て感化されたようで、
出来るだけの事はやろうと思うのだそうです。

しかし良太郎の場合筋肉痛とかでテキメンに来るのですから
程ほどにしないとイザと言う時に困る気もします。



 先程良太郎達が訪れた道場に、黒っぽいの空手着を来た男性が入ってきます。
外部から人の入りやすい道場です。

どうやら道場の主とは知り合いのようですが、黒っぽい服の人物は怪人に憑依されており、
道場の生徒さん達はまた襲撃され、ガラスもまた壊れてしまいました。

ここは年に何回道場破りイベントが発生しているのでしょうか。

道場の人達をやっつけたいという願いを叶えたとかで
モグラ怪人は過去に飛んでしまいます。


怪人の出現をモモタロスから知らされ、現場に到着するキンタロス良太郎。
チケットに浮かんだ日付は黒っぽい空手着の男性が
道場の人に「のど自慢大会」で負けた日だそうです。

空手で勝つのは望んでいないそうです。
それもどうかと思います。


随分軽い記憶で過去に飛んだなと
疑問を持つキンタロス良太郎。
良太郎も同様に気にしているようですが兎に角過去に向かう事に。


過去では野外ステージのような場所で、町内会のど自慢大会が開催。
そこでは黒い服の男性が歌っていますが、伴奏無しです。
余程歌に自信があるのか、予算や権利の都合でカラオケテープも用意しなかったのかは不明です。

黒い服の男性が最後だったらしく、歌い終わると同時に採点され、
結果、先程道場破りに遭った人がその場で優勝。

出場者も少ないようですが、30分ぐらいで終わるイベントでしょうか。


負けて悔しがる男性からモグラ怪人が出現し、
逃げた方がいいよ、と言って床を踏み地面を揺らします。
トロフィーを持って逃げるお年寄りがいますが、
それそんなに大事ですか。


全員避難が完了した所でデンライナーが到着、
キンタロス良太郎が降りてきます。

モグラ怪人は電王を待っていたようで、
他にもう2体モグラ怪人が出現します。

黒い服の男性に怪人が何体取り付いていたのでしょうか。



 ミルクディッパーに入る桜井君。
店には客がおらず、愛理さんがカウンター席に座って寝ていました。
愛理さんの前に広げてあるノートには
桜井君用に考案したブレンドが書かれています。

まさかこれを考える為に店閉めてますか。

一杯2000円ぐらいに設定しないと元取れないかも知れません。


電王アックスフォームは場所を林のような場所に移して戦闘。
相手が3体とは言え、妙に苦戦しています。
いつもより動き辛い気がするそうで、

早速筋肉痛なのでしょうか。

実際デンガッシャーを敵に投げつけても
あっさり跳ね返されてしまっています。


敵の攻撃を食らい立てなくなる電王アックスフォーム。
敵は勝利を確信したのか、トドメを刺す担当一体を残して
残りは体を回転させて飛び去ってしまいます。

移動方法が激獣拳使い臭いです。


モグラ怪人が電王アックスフォームに攻撃しようとした所で
ゼロライナーが到着し、桜井君が降りてきます。

ミルクディッパーに行ったり過去に行ったり忙しいです。

デネブが桜井君に駆け寄って自分が出ようとしますが、
桜井君はそれを止め、
その辺に立っている桜井さんを見ています。

デネブは桜井君に変身しては駄目だと訴えますが、
「デネブ、イマジンを放っておけば未来は消える。やるしかないって
最初に俺の所に来た時、お前そう言ったろ。
俺がゼロノスになって戦う事、それがお前と未来の俺との契約だ。」
と、桜井君はカードを受け取ってしまいます。

どうやら桜井君は本当に桜井さんの若い頃みたいです。
ところで、桜井さんは自分で変身しないのでしょうか。
年齢的な物でしょうか。

デネブや大ピンチな良太郎が心配する中、桜井君はゼロノスに変身。
ちなみに桜井さんは時計を見ながら消えてしまいました。

ゼロガッシャーでモグラ怪人を叩きまくるゼロノスアルタイルフォーム。

モグラ怪人の斧状の手を叩き割り、
ゼロガッシャーをボウガンモードにし、フルチャージして
地中に逃げた相手を攻撃し爆発させます。

変身解除した桜井君に駆け寄り、事情を聞こうとします。
それより、変身解除する前に
モグラ怪人があと2体いる事を連絡した方が良かったと思います。

あと、桜井君よりデネブに聞いたほうが情報が引き出せそうな気がします。



 目を覚ました愛理さんは再びブレンドの考案に取り掛かります。

桜井君の方は忘れられていないようです。
作業が無駄にならずに良かったです。

なるべく早く終わらせて店の営業を通常運転にして欲しいです。